セラミックで、天然歯のような美しい歯に

歯は食べ物を咬むという重要な役割を果たしていますが、機能面の他に見た目についても気になるものです。たとえば銀歯が気になって、思いきり笑えなくなってしまったら、日々の楽しみも半減してしまいます。足立区中央本町の歯医者『光安歯科』では、見た目を改善する治療としてセラミックを用いた審美治療をご提案します。

セラミックは見た目が美しいのはもちろん、安全性も高い優れた素材です。こちらではセラミックのメリットや、セラミックで製作した被せ物の特徴などをご紹介します。

銀歯を白い歯に変えましょう

銀歯を白い歯に変えましょう

従来虫歯治療では、歯を削った後に銀の詰め物・被せ物を装着します。しかし銀色は白い歯の中で目立ってしまいます。またそれ以外にも、さまざまなデメリットがあることもわかってきました。そこで当院では、銀歯をセラミック素材のものに取り替える治療をおすすめしています。

銀歯のデメリット
デメリット1目立つ 銀歯は白い歯の中でどうしても目立ってしまいます。
デメリット2金属アレルギーのリスクがある 経年によって金属イオンが溶け出し、体内に取り込まれて金属アレルギーを引き起こすことがあります。
デメリット3歯ぐきが黒ずんでしまうことがある 金属イオンの影響によって、歯ぐきが黒ずんでしまうことがあります。
デメリット4歯垢が付きやすい 銀歯の表面には歯垢が付着しやすいため、虫歯や歯周病の発症および再発を招くリスクが高まります。

セラミックが優れている理由

セラミックが優れている理由

セラミックは見た目が美しいのはもちろん、金属を使用しないことのメリットもあります。以下では、セラミックが優れている理由を記載しています。当院では、金属を使用しない「メタルフリー治療」にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

メリット1自然な美しさを取り戻せる セラミックは歯の自然な白さや透明感を再現することができ、美しい口元にすることができます。
メリット2金属アレルギーのリスクがない 金属を使用しないため、金属アレルギーを引き起こすことがありません。
メリット3歯ぐきを黒ずませることがない 金属イオンが溶け出すこともないため、歯ぐきが黒ずむこともありません。
メリット4咬み合う歯を傷めない セラミックは天然歯に近い弾性を持つため、咬み合う歯を傷めずに、よい咬み心地を得ることが
できます。
メリット5虫歯・歯周病になりにくい 銀歯に比べて歯垢が付きにくいため、虫歯や歯周病のリスクを抑えることができます。

前歯の被せ物

オールセラミック
高強度ガラスセラミックを内面に入れ、自然な白さや透明感を再現します。
審美性 耐久性 メリット
★★★★★ ★★★★
  • 自然な白さや透明感があり美しい
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • 歯肉との境目が自然
  • 歯肉の色がきれい(黒ずませない)
オールセラミック
デメリット
  • 自費診療のため、比較的費用が高額になる
  • 歯ぎしりが強い方には使えないケースもある
メタルセラミック
体に優しい金属を内面に入れて、表面をセラミックで審美表現します。
審美性 耐久性 メリット
★★★★ ★★★
  • 長年の実績があり、多く使われている
  • 変色しない
  • 体に優しい金属を使用している
メタルセラミック
デメリット
  • 経年により、歯ぐきの境目から金属が見えることがある
  • 金属アレルギーのリスクがある
ホワイトクラウン
金属を内面に入れて、表面をセラミックで審美表現します。
審美性 耐久性 メリット
★★ ★★
  • 経年によって変色しない
  • 費用を抑えられる
ホワイトクラウン
デメリット
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 細かな色調の再現はできない
硬質レジン前装冠
保険で認められた金属を歯の内面に入れ、表面も保険で認められたプラスチックで覆います。
審美性 耐久性 メリット
  • 保険が適用されるため費用を抑えられる
硬質レジン前装冠
デメリット
  • 経年によって黄ばんでくる
  • 表面が傷つき、艶がなくなる
  • 徐々に摩耗していく
  • 金属アレルギーのリスクがある

奥歯の被せ物

フルジルコニア
人工ダイヤモンドにも使用されるジルコニアを素材にした、高い強度を持つ被せ物です。
審美性 耐久性 メリット
★★★ ★★★★★
  • 強度が高い
  • 金属アレルギーのリスクがない
フルジルコニア
デメリット
  • 透明感に劣る
  • 自然な色調を出しにくい
メタルセラミック
金属を内部に入れ、表面はセラミックで審美表現します。
審美性 耐久性 メリット
★★★★★ ★★★★
  • 長年の実績がある
  • 変色しない
  • 体に優しい金属を使用している
  • 複雑な治療にも対応できる
メタルセラミック
デメリット
  • 経年により、歯ぐきの境目から金属が見えることがある
  • 金属アレルギーの心配がある
オールセラミック
高い審美性と強度を兼ね備えたオールセラミックです。
審美性 耐久性 メリット
★★★★ ★★★★
  • まわりの歯や咬み合う歯に優しい
  • 金属アレルギーのリスクがない
アルティメット
デメリット
  • 長期的な使用実績がない
  • ブリッジには使用できない
  • 複雑な色調には対応できない
ハイブリッド
金属を内面に入れ、表面に強度に優れたプラスチック素材を用いて審美表現します。
審美性 耐久性 メリット
★★ ★★
  • 保険用プラスチックを使用
  • まわりの歯や咬み合う歯を傷つけにくい
ハイブリッド
デメリット
  • 経年により変色することがある
  • セラミックに比べると透明感がない
  • 金属アレルギーのリスクがある
メタルクラウン
保険で認められた金属で全体をつくります。
審美性 耐久性 メリット
★★★★
  • 保険が適用されるため費用を抑えられる
メタルクラウン
デメリット
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 見た目の金属色が気になる

pagetop