「治療」より「予防」を重視しましょう

虫歯歯周病になったら、できるだけ早く適切な治療をすることが大切です。しかし、治療を行うことで、どうしても歯や歯ぐきなどの歯周組織にはダメージが残ります。お口にダメージが残ると、元に戻すことはできません。お口の健康を維持するなら、悪くなってからの「治療」より、悪くしないための「予防」が大切なのです。

足立区中央本町の歯医者『光安歯科』の予防歯科では、専門的な予防処置によってお口の健康維持をサポートしています。予防ができれば、自分の歯を生涯使い続けられるのはもちろん、症状や治療による痛み、また治療費用など、さまざまなご負担を軽減できます。お口が健康なうちから、定期検診に通い予防に取り組みましょう。

担当衛生士制で、効果的な予防を

担当衛生士制で、効果的な予防を

当院では担当衛生士制を導入しており、一人の患者さまに決まった歯科衛生士が担当につき、効果的な予防処置をご提供しています。一人の担当が一貫して患者さまのお口の中の傾向を把握するため、わずかな異変を見逃すこともありません。また患者さまにとっても、なじみの歯科衛生士がいることで、通院しやすくなるというメリットも生まれます。

歯科衛生士は口腔衛生の専門家なので、ご自宅での歯磨きなどについても、わからないことがあれば何でもお気軽におたずねください。

当院の予防歯科メニュー

歯磨き指導

歯磨き指導

予防の基本は、ご自宅での毎日の正しい歯磨きです。きちんと磨けているかチェックし、汚れが残りやすい場所などをふまえ、一人ひとりに合った正しい磨き方を指導します。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強くする効果を持つフッ素を歯の表面に塗布し、虫歯になりにくくする処置です。ごく初期の虫歯であれば、これによって治癒が期待できるケースもあります。定期的に行うことで、予防効果が高まります。

PMTC

PMTC

歯科衛生士が専用の器具を使って行う、専門的なお口のクリーニングです。毎日の歯磨きでは落とし切れない、歯と歯、歯と歯ぐきの間に入り込んだ歯垢や歯石を徹底的に取り除きます。軽度の着色汚れもなくなり、口臭予防にも効果的です。

インプラント治療の後には、定期的なメインテナンスが必要です

インプラント治療の後には、定期的なメインテナンスが必要です

インプラントは、「埋め込んだら終わり」ではありません。治療後には定期的に適切なメインテナンスを行うことが必要です。なぜならインプラント治療は歯を失った場所に行う治療であり、歯を失うことになった原因があります。その原因が放置されていれば、その場所には再びトラブルが発生してしまうからです。

たとえばその原因が歯周病だった場合、インプラントを埋め込んだ後に歯周病と同じ症状を持つ「インプラント周囲炎」が招かれてしまうことがあります。これが悪化すれば、せっかく埋め込んだインプラントが抜け落ちてしまうことに……。

インプラントを長持ちさせるには、ご自宅での正しい歯磨きに加え、歯科医院で定期的に専門的なメインテナンスを受けることが大切になるのです。

お子さまの予防について

お子さまの予防について

子どものときに予防習慣を身につけていると、大人になってからも自然と継続できるもの。つまり子どものころの予防は、大人になってからのお口の健康を左右する重要なものになるといえます。

そこで当院ではお子さまの予防に力を入れており、親御さまにも予防の大切さをご理解いただくことでお子さまのお口の健康を守っていくために、「にこにこキッズクラブ」を開設しています。まだ自分での判断が難しいお子さまの、大切な歯を守ってあげられるのは親御さまだけ。当院と一緒に、お子さまの予防を進めていきましょう。

pagetop